快適な暮らしに重要な様々な生活用品

低コストのサーバー

電気代はどの程度か

ウォーターサーバーはほとんどの機種で冷水と熱湯が標準機能になっているため電気代がかかりますが、それほど高いものではありません。平均すると、月に1000円以下になるものが多いです。電気ポットと同じぐらいなので、電気ポットから切り替えれば電気代の負担は変わりません。また、省電力型で月に500円以下に抑えられる機種もあります。 ウォーターサーバーの電気代に関する豆知識として、節約のために電気を落としてはいけません。冷却や加熱は雑菌の繁殖を抑え、水質を保つ働きもあります。そのため、長時間電気を切ると水質が劣化します。 手動で設定温度を切り替えられる機種もあるため、節電したい場合はこの機能を使って温度を調整します。

電気代に関する工夫

ウォーターサーバーは電気を使用するため電気代がかかります。月額で1000円以下なので負担にはなりませんが、節約したい場合には次のような工夫があります。 ウォーターサーバーには任意で温度を設定できる機種があり、使わない時間帯に常温に近くすると電気代を抑えられます。また、明るさを検知して自動で温度を切り替えるものもあります。 ウォーターサーバーの排熱部を清掃する事も有効です。ここに埃が溜まっていると熱がこもり、電気の消費が大きくなります。 一部の機種には冷水機能しかないものがあるため、熱湯が不要であればこれを選ぶと良いです。常温の水だけでも良いのであれば電気が不要のタイプもあり、これであれば電気代はかかりません。